青竹のふし採用情報サイト

児童(デイ)福祉や青竹のふしのリクルート情報

秋深まる青竹のふし 児童デイ

約2分
秋深まる青竹のふし 児童デイ

12月に入って長居公園もかなり色づき、秋から冬へ移行しているように、木々たちが話し合っている。

寒い日が多くなってきて、大人たちはコートやマフラーと暖かいものを欲しがるが、子どもたちはとても元気。
大好きな公園に出かけるとなると、みんな笑顔になって、遊具と真剣に向き合っている。

DSC_0830

季節を感じながら仕事をするというものいいものです。
建物や施設の中で働いていると、こういった紅葉の移り変わりや、昼下がりの太陽がこんなに柔らかく公園を暖めてくれるなんて、感じることが出来るだろうか。

子どもたちは、ここで、太陽の暖かさや、空気の冷たさ、水の温度、落ち葉の感触、そしてにおいなど、様々な感覚に触れ合って脳を成長させている。

DSC_0831

働くってどういうことだろうか。
マニュアルのとおりに何かの作業をすることだろうか。

この仕事から、なにかものすごく大切なことを教えられているように、私たちは、そう感じています。






秋深まる青竹のふし 児童デイ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
秋深まる青竹のふし 児童デイ

About The Author

admin